コラム

COLUMN
家づくり安心・安全

長期優良住宅とは何か?持続可能な住まいの特徴とメリット

今回は今注目されている長期優良住宅について解説していきます。

2024年度は補助金の要件になっていることもあり、ぜひこの機会に長期優良住宅について理解を深めてください。

1. 長期優良住宅の基本

まずは長期優良住宅の基本について解説していきます。

長期優良住宅の定義や認定基準などの重要ポイントです。

1-1. 長期優良住宅の定義

長期優良住宅とは長期にわたり高い住環境品質を維持し、後世に引き継ぐことを目的とした住宅です。

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に基づき決められている公的な規定で、平成21年から制度が開始されています。

長期優良住宅は耐震性や耐久性、省エネルギー性能に優れ、維持管理が容易であることが特徴です。

また、住宅のライフサイクルコストを考慮し、建設から解体までの全期間にわたる経済性と環境負荷の低減を重視しています。

これらの住宅は、将来的な住み替えやリフォームを見越して、柔軟な間取り変更が可能な設計がなされており、長期にわたってその価値が維持されると期待されています。

1-2. 長期優良住宅の認定基準

それでは具体的に長期優良住宅の認定基準について見ていきましょう。

長期優良住宅の認定基準は、住宅の劣化対策、耐震性、省エネルギー性、バリアフリー性、維持管理のしやすさ、将来のリフォームを見越した可変性の6項目が主な基準となっています。

耐震性では地震に強い構造や基礎工事の品質がチェックされ、省エネルギー性では断熱材の使用や日射熱利用、自然換気などの設計が評価されます。

またメンテナンスの容易さを考慮した設計が求められ、将来の改修やリフォームを容易にするための配慮がなされています。

認定には指定の認定機関から審査と認定を受ける必要がありますが、住宅の質の高さを証明し、住宅市場での信頼性を高めることができます。

2. 長期優良住宅のメンテナンス

ここからは長期優良住宅のメンテナンスという視点で解説していきます。

2-1. 定期的なメンテナンスの重要性

定期的なメンテナンスはどの家にとっても重要なことで、家の性能を維持し長寿命化を実現するために不可欠です。

このメンテナンスを容易にできるように、長期優良住宅では「維持管理・更新の容易性」という項目でルールを設けています。

特に水道配管などは、容易にチェックできるように点検口の設置や配管方法が義務付けられています。

このようにメンテナンスを容易にすることで、不具合を早期に発見し早期に対応することができるようになり、結果として住宅の価値を長期間にわたって保つことにつながります。

3. 長期優良住宅の経済的メリット

ここからは長期優良住宅の気になる経済的なメリットについて解説します。

3-1. 補助金と税制優遇の活用

長期優良住宅の建築や購入には、国や自治体からの補助金、住宅ローンの優遇措置、税制上の優遇など、様々な支援策が存在します。

これらの支援を利用することで初期費用の負担を軽減し、長期にわたる経済的なメリットを享受できます。

現在の仕組みだと次のような優遇措置があります(2024年度)。

減税:固定資産税、住宅ローン減税(所得税控除)、登録免許税など

補助金:子育てエコホーム支援事業(ZEH水準+20万円増額)

ローン金利:フラット35Sで一定期間金利引き下げ

このような優遇措置を活用することで、お得に維持コストの低い家を手に入れることが可能になります。

3-2. 長期にわたるコストパフォーマンス

長期優良住宅は耐久性と効率性に優れた建築基準に基づいて設計されているため、長期的なコストパフォーマンスに優れています。

もちろん長期優良住宅にすることで初期の建築費用は高くなりますが、その後の維持管理費用の削減、エネルギー効率の向上、そして長いライフサイクルにわたる住宅価値の維持が期待できます。

例えば長期優良住宅では、高い断熱性能や省エネ設備により冷暖房費用が大幅に削減されるため、長期にわたって経済的な節約が実現します。

さらに耐久性の高い材料と構造を採用しているため、大規模な修繕や更新の必要性が低く、長期にわたるメンテナンスコストの削減にも寄与します。

このように長期優良住宅は初期のコストを時間をかけて回収し、結果として長期的な経済性を実現する住宅の選択肢と言えます。

4. まとめ

いかがだったでしょうか。

長期優良住宅は、耐久性、耐震性、省エネルギー性、そして将来のメンテナンスや更新性に優れ、環境に配慮した設計が特徴です。

認定基準を満たし定期的なメンテナンスをすることで、長期的な住まいの品質を維持することが可能です。

また補助金や税制優遇を活用することで初期費用の低減ができる点も、忘れずにおさえたいポイントです。

ぜひこれからの住宅のスタンダードになる長期優良住宅を活用して、長期的なコストパフォーマンスを実現できる家づくりを目指してください。

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

狭小住宅を購入する際の注意点とチェック項目

住宅の快適性を影で支える熱交換換気の効果とは

プライバシーを確保するための住宅デザインの工夫

ペットと暮らすための住宅デザインの工夫