コラム

COLUMN
家づくり

シーリングライトとダウンライト、どっちがおすすめ?メリット・デメリットを詳しく解説

新しい住まいに付ける照明の、シーリングライトとダウンライトはそれぞれ役割が異なります。

2つの違いをよく理解したうえで付ける照明を選ぶと、より明るく生活しやすい家づくりができます。

今回はシーリングライトとダウンライトのメリットデメリットや、それぞれの良さを生かすおすすめの照明計画をご紹介します。

シーリングライトとは?

シーリングライトとは、天井面に直接取り付ける照明器具です。

大小さまざまなサイズがあり、リビングのような大きな部屋から脱衣室など小さな部屋まで取り付けることができます。

・メリット
シーリングライトは天井面から器具が出ているため、光が広がりやすいという特徴を持っています。

広い範囲をまんべんなく照らすことができ、部屋のメインの照明に適した形です。

また種類が豊富でデザインに凝ったものや、リモコンやタイマー付きといった多機能なものなど、幅広い製品があります。

・デメリット

シーリングライトは比較的よく目にする照明器具なので、個性的なデザインの照明にしたい方には、少し物足りなく感じるかもしれません。
また光を広げることを目的とした照明であり、ダウンライトのように光と影のコントラストで雰囲気作りをする、といった使い方は不得意です。

ダウンライトとは

ダウンライトは天井に埋め込んで取り付ける照明器具です。

1つのサイズは小さく、照らせる範囲もシーリングライトに比べ狭めです。

メリット

ダウンライトは器具本体が天井内に隠れてしまうため、天井全体がとてもすっきりします。

そのためモダンテイストから和風まで、幅広い部屋のデザインに合わせることが可能です。

またスポットライトのように光と影の差がはっきり出るため、部屋をおしゃれな雰囲気にすることもできます。

デメリット

ダウンライトは1つの器具の明るさが少なめです。

そのため広い範囲を照らすには、複数のダウンライトが必要になり金額が多めにかかります。

また天井に埋め込んで取り付けてあるため、寿命が来て交換するときは専門業者の工事が必要になります。

2つを組み合わせたプランもおすすめ

シーリングライトとダウンライトはどちらか一方を付けるだけでなく、2つを組み合わせたプランもおすすめです。

シーリングライトは円形に光が広がるため、部屋の角まで十分に光が届かないことがあります。

そこでコーナー付近にダウンライトを付け、明るさを補うのです。

あるいはシーリングライトとダウンライトの両方を付け、目的によって2つを切り替えるプランもあります。

明るさが欲しいときはシーリングライトを主に使い、部屋をおしゃれな雰囲気にした場合はダウンライトのみを点灯させる、といった使い方です。

それぞれのメリットを生かして、生活しやすくスタイリッシュな照明プランを検討してみましょう。

まとめ

シーリングライトは部屋全体を照らすことが得意で、ダウンライトは雰囲気作りに効果的な照明です。

さらに2つを組み合わせると、それぞれの良さを取り入れた部屋づくりができます。

家づくりを任せる住宅会社とよく相談しながら、おしゃれで実用性のある照明計画を立てるようにしましょう。

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

家族の健康を守る住宅の換気システムとその重要性

最新の住宅断熱技術とその効果

リラックスと家事ラクを実現するバスルームの作り方

住宅の子供部屋デザイン:子供たちが楽しめる空間づくり