コラム

COLUMN
至極の狭小快適間取り

狭小住宅でも人気のオープン階段!後悔しない選び方とおしゃれにするポイントを解説

狭小住宅では、階段ホールを作る必要がなく面積の削減になると、リビングにオープン階段を設置する方が増えています。

しかもデザインがおしゃれなので、リビングをスタイリッシュにしてくれます。

しかし家づくりが初めてなので、どんな点に注意して選べばよいかわからない、という方も多いのでは。

そこで今回はオープン階段の後悔しない選び方と注意点をお伝えします。

桁の色やデザインがポイント

オープン階段を支える桁は、全体のデザインを決める大切なポイント。

形のバリエーションがいくつかあるため、しっかり選びたいところです。

よく見るのは下から2本の並行した桁で支える「ささら桁」で、基本的な形ながら存在感があります。

他にも「力桁」や「イナズマ型」など個性的な形もあるので、ちょっと違ったオープン階段にしたいという方は、こだわってみると良いかもしれません。

桁の色で人気なのは黒で、どんな内装にも馴染みがよく、シンプル系から和モダンまで幅広くマッチします。

もしモダンテイストの内装にするなら、シルバーの桁を選んでも部屋の雰囲気に合うでしょう。

他にも木を使った桁もあり、素材を活かしたウッドカラーが、ナチュラル系の内装などに合います。

おしゃれな踏み板色の選び方

足を乗せる踏み板も、オープン階段のデザインを決める大切なポイントです。

よく用いられる木の踏み板は、中間色であるナチュラルブラウンや、比較的明るめのライトブラウンが人気です。

桁には黒を選ぶことが多いため、木目がはっきりわかる色の踏み板を選んだ方が、メリハリがついておしゃれに見えます。

また素材は木の他に、スチールや樹脂など様々なものがあります。

質感によっても雰囲気が大きく変わるため、個性を出すなら木以外の素材を検討しても良いでしょう。

安全なオープン階段にするには?

オープン階段で気になるのが、小さな子供が上り下りしても危なくないか。

踏み板と踏み板の間が抜けていて、さらに横の手すりの隙間も開いているため、不安に感じる方もいるでしょう。

もしお子さんが落ちないか心配なら、踏み板の下に付ける落下防止ネットや、手すりの横に付ける樹脂の透明パネルを検討してみましょう。

どちらも階段のデザイン性を損なわずに、隙間からの落下を防げるのでおすすめです。

まとめ

オープン階段は部屋のインテリアにもなり、そのスタイリッシュな見た目から人気の設備になっています。

今回ご紹介したポイントを押さえながら、ぜひおしゃれなストリップ階段を実現してください。

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

狭小住宅での子育て:快適な育児環境を作るヒント

平屋での二世帯住宅のメリットとデザインアイデア

リラックスと家事ラクを実現するバスルームの作り方

住宅の子供部屋デザイン:子供たちが楽しめる空間づくり