tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

平屋でも広々と!効果的な収納対策で快適生活を実現

生活しやすさや存在感のある外観で、平屋の人気はどんどん高まっています。

一方で平屋はどうしても狭い印象があり、とくに収納が足りないのではと不安な方も多いのではないでしょうか?

この記事ではそんな平屋の収納について、快適な生活を実現する収納対策を紹介します。

1.平屋の収納が少ない理由

平屋は必要な敷地面積や坪単価の関係で、どうしても床面積が狭くなってしまうことが多いです。

そのなかで生活するスペースを確保しようとすると、どうしても収納スペースが少なくなってしまうでしょう。

また面積以外にも、平屋は収納の場所として活用しやすい外壁面や間仕切り壁が床面積に対して少ないため、間取りとしても収納が取りづらいという理由があります。

2.効果的な収納対策の基本

そんな平屋でも賢く対策することで、生活の満足度を下げずに収納力を上げる対策があります。

ここではそんな平屋の収納対策の基本についてご紹介します。

 

2.1.空間を最大限に活用する方法

平屋は床面積が小さいので狭く見えがちですが、実は縦方向も含めた「空間」に目を向けるとその可能性は広がります。

良くとられる手法が1.5階を作ることです。

いわゆるロフトとも言われる空間で、平屋の天井が高い特徴を活かして一部分を1.5階にします。

この1.5階部分を収納スペースとすることで、手軽に大容量の収納スペースが確保できますし、1階部分は生活スペースとして広く活用できるのでメリットが大きいです。

 

2.2.収納グッズの選び方

次の収納の対策で大切なのが、収納グッズの選び方です。

限られた収納スペースでも収納ボックスや衣装ケースを上手く使うことで、使いやすい収納計画が可能になります。

その時にぜひ意識してほしいのが、収納グッズと間取りのシンデレラフィットです。

間取りをプランする時にはあらかじめ収納計画に合わせた収納グッズを選んでおき、そのグッズに合わせた間取りや、作り付けの収納スペースにしておくことが大切です。

なぜなら間取りや棚の寸法が決まってしまってから、そこに合う収納グッズを探すのは本当に大変なので、先にグッズと間取りをフィットさせることをおすすめします。

シンデレラフィットしやすい収納グッズについては、インターネットでも多くの事例が紹介されています。

3.各部屋ごとの収納アイディア

ここからは部屋ごとの収納アイデアについてご紹介していきます。

 

3.1.リビング・ダイニングの収納テクニック

まずはリビング・ダイニングの収納テクニックについてです。

リビングダイニングでは小上がりやヌックなどをつくり、部屋に高低差が生まれることで、そこが収納スペースになります。

また小上がりやヌックは、開放的なリビングでの居場所作りとしても有効なので、住みやすさと収納力の両面を高めることができます。

 

3.2.キッチンは床下収納を有効活用

キッチンは外壁面に近いこともあり、収納スペースが取りやすいという点もありますが、なにより使うものが多い場所なので、しっかりとした対策をたてましょう。

キッチンの収納場所でポイントは床下収納の活用です。

とくに平屋では大型の床下収納がおすすめです。

一般的には450角と呼ばれる、一辺45cmの小型のものが点検口を兼ねて設置されていますが、収納の少ない平屋では大型の床下収納を設置することでキッチン周りの収納力が大きく上がります。

 

3.3.子供部屋の収納アドバイス

子供部屋での収納のポイントは可変性を持たせることです。

子供の成長に合わせて使い道が変わる子供部屋は、将来使い方を変えられるようにすることで、使いやすさを維持することができます。

一般的にクローゼットの収納は、枕棚とハンガーパイプを使った固定式の収納が一般的ですが、子供部屋には棚柱と呼ばれる稼働棚がおすすめです。

服がまだ小さい頃には、ハンガーパイプを2段にして服の収納力を高めることもできますし、服が大きくなればハンガーパイプ1段と下に棚という構成に変えることもできます。

 

3.4.寝室の収納アドバイス

寝室の収納はデッドスペースの活用がテーマになります。

基本的な部分ですが、ベッドの下などは衣類収納などに有効な収納スペースなので、上手く活用していきましょう。

また下だけでなく上にも目を向けると、壁付け収納などが有効な手段です。

壁付け収納は下に空間を設けることができるので、面積が狭い寝室にこそ活用してください。

4.まとめ:平屋で快適な収納設計を実現するために

今回は平屋の収納について解説していきました。

平屋はフラットで生活がしやすい半面、収納がどうしても少なくなってしまうので、収納の工夫がとても大切です。

平屋を検討する際にはぜひ、生活を始めた時の収納もイメージしてプランを作ると良いでしょう。

 

 

\サンクスホームのイベント情報/

完成見学会でリアルな住宅を体験しよう!

※詳細は画像をクリック♪