コラム

COLUMN
ミニマル平屋土地選び

平屋を建てる土地の探し方!3つのポイントを押さえて理想の平屋を建てよう!

平屋を建てる土地探しでは、「平屋の建てやすさ」に注目して選ぶと快適な住まいができます。

しかし土地購入が初めてなので、どんな点に注意して選べばよいかわからない、という方も多いでしょう。

今回は平屋を建てるのに適した土地を選ぶ、3つのポイントをご紹介します。

幅はどれくらいが理想?

はじめに平屋を建てるには土地の幅がどれくらい必要か、間取り例を参考にしながら解説します。

平屋はすべての部屋が1階になるため、2階建てより家の横幅も奥行きも多めになります。

またたくさんの部屋の日当たりを良くするなら、できるだけ横幅を広く取りたいところです。

例えばこちらの平屋の間取りプラン例は幅がおよそ11.8mです。

そして実際に建てるには、両側に1〜1.2mほどのスペースが必要です。

すると建物11.8m+1.2m×2=14.2mが、この間取りの平屋を建てるのに必要な土地の横幅になります。

もし右側の洋室Bと寝室を北側に配置すると、家の幅は約8.2m。

この場合は、8.2m+1.2m×2=9.4mの土地の幅が必要になります。

もちろん間取りや軒の出、敷地の形、外構などで変わりますが、ひとつの目安にしてみてください。

忘れずチェックしたい南側の空間

平屋を建てる場合は、南側がどれくらい開いているかも確認しましょう。

もし南側に2階建ての家があると、南に面した部屋が日陰になってしまう可能性があるためです。

こちらが2階建てなら日陰になるのは1階だけで済みますが、平屋はすべての部屋が1階なので日陰の影響を受けやすくなります。

南側に建物がある土地を検討するときは必ず日中に下見に行き、日陰がどれぐらいまで伸びてくるか確認したうえで検討するようにしましょう。

幅が狭くても快適な平屋を建てるコツ

どうしても横幅が狭い土地が候補になるときは、なるべく奥行きがある土地を選ぶのがおすすめです。

幅が狭いと部屋が北側に配置される部屋が増え、建物の奥行きが長くなるためです。

また奥行きがたっぷりあれば中庭を作り、北側の部屋に窓をたくさん作ることもできます。

幅が限られた土地で平屋を検討するときは、ぜひ奥行きをチェックしてみてください。

まとめ

平屋を建てる土地は横幅をまず確認し、合わせて南側がどれぐらい開くか、奥行きのある平屋になっても建てられるか、なども確かめましょう。

平屋の建築実績が豊富な住宅会社と一緒に土地を探せば、そこにどんな平屋が建つか、日陰は影響しないかなどをアドバイスしてもらいながら選べます。

平屋の土地は実際に探し始める前に、住宅会社に相談してみることをおすすめします。

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

平屋での二世帯住宅のメリットとデザインアイデア

平屋をより小さく:コンパクトな平屋作りのヒント

住む前に確認したい:平屋の家族生活

都市部でも快適に!小さな土地で建てる平屋建てのコツ