コラム

COLUMN
お金の話

家をお得に建てられる住宅ローン控除とは?最大限に活かすタイミングなどを解説

家をお得に建てられると話題の住宅ローン控除。

実はこの控除は、家を建てるタイミングによって控除額が減ってしまう可能性があります。

できるだけ早めに仕組みや注意点を知っておいた方が、チャンスを逃さずに済むでしょう。

今回は住宅ローン控除とはどんな制度かと、具体的にいくら控除されるのか、そしてより多く控除が受けられるタイミングについて解説します。

お得に家が建てられる住宅ローン控除とは?

住宅ローン控除は年末時点における住宅ローン残高の0.7%を、13年間にわたり所得税と住民税から控除する制度です。

例えば住宅ローンを借りて年末に3,000万円の返済残高があれば、3,000万円×0.7%で最大21万円(※)が1年分として控除されます。

そしてその後も13年間は、毎年年末の残高に対して控除が行われます。

※納めている税額以上は控除されませんのでご注意ください。

控除額をシミュレーションしてみよう

では13年間でどれぐらい控除されるのか、シミュレーションをしてみましょう。

  • 借入3,000万円の場合
1年2年3年4年5年6年7年
17.7万円17.7万円17.7万円17.7万円17.7万円17.7万円17.3万円
8年9年10年11年12年13年合計
16.8万円16.2万円15.7万円15.1万円14.6万円14.0万円215.9万円

【試算条件】

金利:1%

返済期間:35年返済

省エネ水準適合住宅

年収500万円

配偶者:あり

配偶者以外の控除対象扶養親族:1人

実際に納めている税額以上は控除されないため、このケースではローン残高に0.7%をかけた21万円より少ない控除額になります。

それでも13年分を合計するとおよそ216万円と、車が買えるほどの額が控除されます。

住宅価格が上昇する中でこうした大きな控除があるのは、家を建てる人にとって大きな支援になるはずです。

2023年が控除のチャンスである理由

この住宅ローン控除で注意したいのが、控除は2025年までの期間限定であり、しかも2024年から借入上限額の縮小が決まっている点です。

つまり家を建てるのが2024年以降では、借入額が多い人ほど控除額が減ってしまう可能性があるのです。

そのため2023年は、よりお得にマイホームを手に入れるチャンスの年だと言えそうです。

まとめ

いずれマイホームを建てるなら、この住宅ローン控除を活用した方がお財布から出ていくお金を減らすことができます。

ただし実際にいくら控除になるかは、お客様の条件や住宅ローンで借りる金額などで変わります。

サンクスホームでは住宅ローン控除についてのアドバイスも行っておりますので、できるだけ出費を抑えて家づくりをしたいという方は、お気軽にご相談ください。

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

平屋のリフォーム:将来のリフォームを考えた平屋の魅力

平屋をより小さく:コンパクトな平屋作りのヒント

狭小住宅のエコな特徴:お財布と環境に優しい暮らしの提案

狭小住宅で目指すコストを抑えつつ快適な生活とは