コラム

COLUMN
家づくり快適間取り

キッチンのかたちによる違いとは?最適なタイプの選び方を解説

キッチンは毎日使うため、できるだけ便利でオシャレなものを選びたいですよね。

しかし初めての家づくりなので、どんなキッチンがあるのかや、それぞれの違いがよくわからないという方も多いと思います。

今回はキッチンのかたちによる違いと、最適なタイプの選び方についてわかりやすくお伝えします。

I型キッチンのタイプは2種類

I型キッチンはまっすぐな長方形をしていて、もっとも見なれたキッチンのかたちではないでしょうか。

発売されている製品も多く、価格を抑えたモデルから高級モデルまで幅広い選択肢があります。

またデザインも豊富なので、好みに合わせて選べるのもメリットでしょう。

このI型キッチンには片側が壁に付いたペニンシュラキッチンと、両側が通れる島のようなかたちのアイランドタイプがあります。

ペニンシュラは通り道が片側だけで良いため、両側に通り道を作るアイランドキッチンよりコンパクトなスペースに設置できます。

一方アイランドキッチンは、両側が通れるため料理を出したり片付けたりするときに、家族が鉢合わせにならない点がメリットです。

また両側のスペースにゆとりがあり、さらに上に吊戸棚がないため、より開放的なキッチンにしたい方におすすめになります。

ペニンシュラキッチンは上に吊戸棚がないタイプと、吊戸棚があるタイプの両方が選べます。

開放的なペニンシュラキッチンにしたい方には、吊戸棚のないタイプがおすすめです。

一方の吊戸棚ありは、収納量を重視したい方に最適です。

一口にI型キッチンと言っても、それぞれの種類に特徴があります。

しっかり検討して、より自分たちに合ったタイプを選ぶようにしましょう。

L型キッチンは広く使える

L型キッチンは上から見たときに、アルファベットの「L」のかたちをしたキッチンです。

IHやガスコンロの部分を横に移動し、キッチンの上の作業スペースを広めに取っているのが特徴です。

またI型キッチンのように横へ移動するのではなく、向きを変えるだけでシンクとIHを使える良さもあります。

ただし全体のサイズが大きくなる傾向があり、その際はキッチンの間取りを広めにする必要があります。

もしL型キッチンを希望するときは、早めに住宅会社に伝えるようにしましょう。

セパレートキッチンは配置が自由

セパレートキッチンはⅡ型(ニガタ)とも呼ばれ、シンク部分とiHやガスコンロの部分を別々にしたかたちのキッチンです。

それぞれのユニットがコンパクトなので、さまざまなかたちの部屋に設置しやすい特徴を持ちます。

またリビング・ダイニング向きにコンロのユニット配置して、家族と会話しながら調理できるようにし、シンクは奥に設置して洗い物がお客さんから見えないようにする、などのアレンジもできます。

キッチンの間取りが長方形に取れない、あるいは調理と洗い物を別々の配置で行いたい、といった方におすすめです。

まとめ

キッチンにはいろいろな種類があり、使い方に合ったものを選ぶと料理がとてもしやすくなります。

ただし写真だけでなく実物のキッチンを見た方が、自分たちにはどのタイプがぴったりかわかりやすいでしょう。

気になるキッチンがあれば、近くの住宅会社のモデルハウスに足を運んでみてはいかがですか?

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

家族の健康を守る住宅の換気システムとその重要性

平屋での二世帯住宅のメリットとデザインアイデア

最新の住宅断熱技術とその効果

リラックスと家事ラクを実現するバスルームの作り方