tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

狭小住宅こそ気にしたい!断熱性の良い窓の選び方とは?

 

せっかく新しく家を建てたのに、夏にアパートと同じような暑苦しさだったら困りますよね。

実は夏や冬に快適な家になるかは、どんな窓を選ぶかで決まります。

特に狭小住宅は窓から暑さ寒さが入りやすいため、どんな窓にするか慎重に選びたいところです。

 

今回は狭小住宅でこそ気をつけたい、断熱性能の良い窓の選び方をお伝えします。

 

狭小住宅こそ窓の断熱性が大切

狭小住宅ではできるだけ部屋を広く見せるため、大きめな窓を付けることがあります。

そのため断熱性能の悪い窓を選んでしまうと、そこから夏の暑さや冬の寒さが侵入してきます。

 

真夏は窓から入る熱で家の中が暑苦しくなり、せっかくの大きな窓もカーテンを閉めたままになってしまうでしょう。

当然エアコンはフル回転で電気代がかかり、コンパクトで維持費が安く済む狭小住宅の良さが失われてしまいます。

冬は暖房をしてもなかなか暖まらず、新しい家を建てた喜びも半減してしまうでしょう。

 

快適な住み心地の狭小住宅にするには、断熱性能の高い窓を選ぶことがとても重要になるのです。

 

ガラスと枠の作りをチェックする

 

断熱性能の高い窓とは、外の暑さ寒さが家の中に入りにくい窓のことです。

そして断熱性能は、ガラスと枠にどんな材料を使うかで決まります。

まずガラスは2枚ガラスの「ペアガラス」を使うと、1枚ガラスの窓に比べほぼ2倍の断熱性能になります。

 

さらに枠は屋外側にアルミを使い、室内側に熱の伝わりを抑える樹脂枠を使った「ハイブリッド構造」のものがおすすめです。

昔からあるアルミだけの枠は、耐久性は高いのですが外の暑さ寒さが家の中に伝わりやすくなります。

そこで内側に樹脂枠を重ねることで、フライパンの取っ手のように熱が伝わるのを防いでくれるのです。

 

快適な狭小住宅を作るならまず、どんなガラスと枠を使っているか確かめるようにしましょう。

 

断熱性の良いカーテンも併用

 

さらに夏や冬の住み心地を良くするなら、カーテンも断熱性能の良いものを選びましょう。

例えば太い糸を使って高い密度で織ったカーテンは、熱をさえぎる力がとても強くなっています。

また「ハニカムシェード」と呼ばれる、断面が蜂の巣のような形をした高断熱のスクリーンもおすすめです。

 

こうしたカーテンを南側の窓に使うと、さらに外の暑さ寒さが入りにくくなります。

窓はもちろんですが、カーテンも断熱性を確かめてから選ぶと良いでしょう。

 

まとめ

狭小住宅で部屋を広く感じさせるために、大きな窓を付けると家の中に暑さ寒さが入りやすくなります。

そのため断熱性能の高い窓を選ぶことが、快適な狭小住宅にするために大切です。

 

しかし家を建てるのが初めてなので、具体的にどんな窓を選べば良いのかわからない、という方も多いと思います。

そのときは近くにある住宅会社のモデルハウスに足を運び、どんな窓が使えば良いかぜひ相談してみてください。

断熱性能の高い窓をアドバイスしてもらえれば、これから作る狭小住宅をより快適にできるはずです。

 

\サンクスホームのイベント情報/

完成見学会リアルな住宅を体験しよう!

※詳細は画像をクリック♪