リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

屋根材はどれがおすすめ?ガルバ・瓦・スレートのメリット・デメリット

 

住まいにのせる屋根材には、それぞれ良い面だけでなく注意したい点もあります。

しかし初めて家づくりをする方にとって、屋根材の違いは正直難しい話に思えるかもしれません。

 

今回は代表的な屋根材の、ガルバリウム鋼板・瓦・スレートのメリット・デメリットをわかりやすくお伝えします。

 

コスパに優れるガルバリウム

最近のせる家が増えているガルバリウム鋼板は、多くのメリットを持つ屋根材として注目を集めています。

 

ガルバリウム鋼板とは、亜鉛とアルミの合金を鉄の板にメッキしたものです。

年月が経ってメッキの亜鉛が落ちても、アルミが膜を作り自己修復してくれます。

そのため耐用年数が25〜30年と非常に長く、しかもサビにくい屋根材になっています。

 

またとても軽いため地震が起きたときに、建物の揺れが小さいというメリットもあります。

さらにデザインがシンプルなので、人気のモダンスタイルの家にぴったりです。

 

一方でガルバリウム鋼板の施工に慣れた業者は、まだまだ少ないのが現状です。

しっかりと施工しないと後で雨漏りをしたり、台風ではがれてしまったりしかねません。

ガルバリウム鋼板の屋根を選ぶときは、数多く施工している住宅会社に頼むようにしましょう

 

耐久性抜群の瓦

 

瓦は日本に古くからある屋根材で、粘土を高温で焼いて固めたものです。

非常に耐久性が高く、耐用年数は50年以上とも言われています。

 

形は波打つ曲線の和型だけでなく、洋風の建物にも合う平型もあります。

いずれも厚みがしっかりあるデザインなので、重厚感のある屋根にしたい方におすすめです。

 

ただし非常に重量がある素材のため、地震のときに揺れやすいという注意点があります。

屋根を瓦にするときは、十分な耐震性を持った家を選ぶようにしましょう。

 

価格を抑えるならスレート

 

スレートはセメントと繊維質の素材を混ぜて固めた屋根材です。

工場での大量生産が可能でコストが安く、建築費用をできるだけ抑えたい方におすすめです。

また形がフラットでクセがないため、どんなデザインの住まいにも合わせやすい良さもあります。

 

しかし耐用年数が20年程度と他の素材に比べ短く、さらに10年を過ぎたころから色あせが目立ってきます。

きれいな状態を長く保つためには、再塗装などのメンテナンスを定期的に行うようにしましょう。

 

まとめ

それぞれの屋根材にはメリットだけでなく、お伝えしたような注意点もあります。

あらかじめその注意を知り、しっかりと対策を取っておくと納得の家づくりができます。

 

さまざまな屋根材の施工実績がある住宅会社と協力して、素敵な屋根の住まいを作るようにして下さい。