コラム

COLUMN
家づくり至極の狭小快適間取り

狭小住宅では自転車をどこに置く?おすすめ場所や注意点

 

狭小住宅では自転車をどこへ置くか、しっかり考えておくことをおすすめします。

お子さんの成長とともに自転車は大きくなり、狭小住宅では後から場所を取るのが難しくなるからです。

 

ここでは狭小住宅で自転車を置く場所と、それぞれの注意点をお伝えします。

 

自転車を置くにはどれくらいの広さが必要?

​​そもそも自転車を置くには、どれくらいの広さが必要なのでしょうか。

子供用の自転車は幅が50〜55cm、奥行きが1m10cm〜1m70cmの大きさです。

 

子供用でも小さければ、玄関先や駐車場の脇に置くことができるかもしれません。

しかし成長し高校生になれば大人と同じ、幅60cm、奥行き1m70cm〜1m90cmのサイズの自転車に乗ります。

 

ご主人や奥様も乗る自転車があれば2〜3台置くため、狭小住宅ではあらかじめ専用のスペースを計画しておいた方が安心です。

 

自転車を置く場所と注意点

 

では自転車を置くにはどんな場所が良いのでしょうか。

代表的な置き場所と、それぞれの注意点をご紹介しましょう。

 

・玄関のとなり

玄関前のひさしを大きめに作り、玄関ドアのとなりに自転車を置く方法があります。

メリットはひさし大きくするだけなので、建物や敷地の面積をそれほど使わないことです。

 

ただし道路に面していると、盗難の危険性があります。

そのためセンサー照明などで、しっかり防犯対策を取っておきましょう。

 

・隣地との間

自宅と隣地との間に自転車を置く方法もあります。

これも玄関脇と同じく、自転車用に場所を取ることのない良さがあります。

 

隣地との間は幅がそれほどないため、何台か置くには縦に並べることになります。

しかし普段使う自転車が1台程度なら、それほど不便にならないでしょう。

また奥行きの浅いテラス屋根を付ければ、雨をしのぐこともできます。

 

・ビルトインガレージの中

 

 

狭小住宅では、建物の一階部分を駐車場にするビルトインガレージを作ることもあるでしょう。

この中を少し広めに作り、自転車を置けるようにする方法もあります。

雨風から自転車を守りやすく、防犯面も他の方法に比べ安心です。

 

ただし限られた広さの中では、縦に並べて置くことになり、出し入れは多少不便です。

また車にぶつけないように、駐輪スペースの幅を少し広めに取るようにします。

 

まとめ

狭小住宅では限られた敷地を、できる限り家の中に使うようにプランを考えます。

そのため自転車を置く場所は、計画を後回しにしがちです。

 

しかし住む地域によってはどうしても自転車が必要になります。

雨ざらしになったり盗難にあったりしないように、自転車を置く場所を事前に計画しておくようにしましょう。

 

イベント情報

EVENT
サンクスホームでは様々なキャンペーンやイベントを、随時開催しています!

よく見られている記事

家族の健康を守る住宅の換気システムとその重要性

平屋での二世帯住宅のメリットとデザインアイデア

リラックスと家事ラクを実現するバスルームの作り方

住宅の子供部屋デザイン:子供たちが楽しめる空間づくり