リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

注文住宅を建てるなら必見!こんなに種類がある!?システムキッチンの違いとは

注文住宅を建てるとなると、住宅の様々なところをこだわりたくなるものですよね。

そのこだわりたいものの1つに「キッチン」がある方も多いのではないでしょうか。

キッチンとは、生活上必ず使う場所であり、キッチンに不便があると、快適な生活を送る上で支障が出てしまうこともあります。

今では、そのキッチンにも多くの種類があり、条件が合えば、多くの要望やこだわりに応えられることも難しくありません。

では、キッチンにはどのような種類があるのでしょうか。

今回は、「キッチンの種類」についてご紹介いたします。

 

壁付きキッチン・対面キッチン

キッチンの種類は、大きく分けて2つあります。

それは、壁付きキッチンと対面キッチンです。

壁付きキッチンとは、壁に設置されているキッチンのことをいいます。

昔から多くみられるこのキッチンの形は、様子を外から見られにくいことや料理に集中することを重視する方に選ばれやすいことでしょう。

一方、対面キッチンとは、キッチンでの作業中にダイニングやリビングを見渡せるように作られているものをいいます。

料理しながら会話をしたり、家族の様子を確認したりということが可能であることに惹かれる方が多く、

人気のキッチンのスタイルであるといえます。

 

次に、特に種類の多い対面キッチンについて詳しくご紹介しましょう。

 

対面キッチン

アイランドキッチン

アイランドキッチンとは、壁と接しないキッチンのことをいいます。

開放感があり、移動がしやすいことがメリットでありますが、逆に目立ちすぎることやにおいが広がってしまうというデメリットもあります。

 

I型キッチン

コンロからシンクまでが1直線に配置されたキッチンであるこのI型キッチンは、キッチンの前にカウンターが出来るため、

セミオープンキッチンとも呼ばれます。

オープンでありながら手元は隠すことができるというのは、来客の多いお家にとっては非常にありがたい構造ですよね。

しかし、そのため開放感はアイランドキッチンよりは劣ってしまうため、開放感を重視したい方にとっては、不向きであるといえます。

 

セパレートキッチン

シンクとコンロを分けて配置しているセパレートキッチンは、Ⅱ型キッチンと呼ばれることもあります。

メリットは、作業スペースを広く確保できることです。

デメリットは、シンクとコンロが離れているため、食材や鍋を運ぶ必要があることです。

 

 

 

以上、キッチンの種類についてご紹介しました。

料理の好きな方や主婦の方は、キッチンの形にはこだわりたいものですよね。

これから注文住宅を建てることをお考えの方は、今回の内容を参考にしてみてはいかがでしょうか。