リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

注文住宅と中古リフォームはどっちがいい?|サンクスホームが解説します!

「新築と中古リフォームはどっちがいいの?」

と、自分の家を持つことに興味をお持ちのかたにとって、この「新築」と「リフォーム」

のどちらが自分にとって適しているのかは気になるものですよね。

こだわりたいところ次第で、新築と中古のどちらがいいのかは変わってきます。

では、この両者においてどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

そこで今回は、「新築と中古リフォームはどっちがいい?」についてご紹介いたします。

 

リフォームは比較的安価で望みがかなう!?

中古物件をリフォームすることのメリットの一つには、新しく家を建てようとすると実現しづらい

「駅から近い場所」や「街の中」といった立地の面で好条件の家を比較的安価に手に入れることができます。

また、この中古の家は既にある家であるため、昼夜の近隣環境の様子や近所の方との関係性を自ら調べることも簡単です。

 

間取りには満足できないかも

しかし、中古物件をリフォームする場合、間取りについては必ずしも満足できるとは限りません。

その物件が1981年の「新耐震設計基準」を満たすよう建てられているものであればベストではありますが、

もしそうでない場合、耐震性能を上げるためにさらなる費用が必要になるかもしれません。

間取りに満足ができても、壁をはがしてシロアリがいたら嫌ですよね。

そのため、リフォームと別で調査の費用がかかることもあります。

 

こだわりたいなら新築

新築で注文住宅を建てる場合は、中古物件の場合と違い、間取りや耐震性、断熱性に関しては不安はありません。

一から作り上げる労力を惜しまない方にとっては、新築の家が向いているといえます。

また、外観にこだわりたいなら、新築にすることをおすすめします。

 

イメージに沿わないこともある

新築とは、自分の希望を満たすよう家を建てられることがメリットではありますが、生活のイメージがしづらいというデメリットもあります。

そのため、自分の持っていたイメージをうまく施工業者と共有することができなければ、完成後に「思っていたのと違う!」となるかもしれません。

また、更地を購入する際は、どうしても郊外になってしまうこともあります。

 

 

 

以上、「新築と中古リフォームはどっちがいい?」についてご紹介いたしました。

新築にも中古リフォームにもメリットとデメリットがあります。

そのため、自分が一番大切にしたいことを考え、デメリットを把握した上で納得のできる決断をしたいものですね。