リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

毎日使うからこそこだわりたい!トイレを快適にするポイント

 

毎日使うトイレはできるだけ便利で、しかも楽に掃除できるようにしたいですよね。

さらにお客さまも使うものなので、できるだけスタイリッシュにしたいという方もいるでしょう。

 

新しい住まいのトイレを快適にする、おすすめのポイントをお伝えします。

 

タンクレストイレのメリットとポイント

タンクレストイレは水をためる背面のタンクがないため、デザインがすっきりしていると人気があります。

さらにタンクがないだけ奥にトイレを配置できるため、手前の空間にゆとりがあり座ったときに広さを感じます。

 

またタンクに水をためず水の勢いで流すため、タンクのあるトイレに比べて使う水量が少なく経済的です。

さらに汚れが付きにくい素材が使われたり洗浄機能が付いたりと、

さまざまな掃除がしやすい機能が備わっているのもタンクレストイレです。

 

今はタンクレストイレが各メーカーの主流になっており、新しい技術が取り入れられた製品が数多く発売されています。

 

手を洗うのはどこがいい?

 

タンクの付いたトイレであれば、タンク上に流すたびに水が出る吐水口を付けられるため、そこで手を洗えます。

しかし水はねが気になり吐水口を付けたくない方や、タンクレストイレにする方は別に手を洗う場所を作る必要があります。

 

1つの方法はトイレ内に手洗い器を付けることで、おしゃれなカウンター式やコンパクトなタイプなどが用意されています。

あるいはトイレから出たホールなどに洗面化粧台を置いて、そこで手を洗えるようにする方法もあります。

 

今までは洗面化粧台をお風呂の脱衣室に置くことが多かったのですが、お風呂に人が入っていると使いにくくなります。

またお客さんに洗面化粧台を使ってもうときは、洗濯物などを片付けなければいけません。

 

そこで脱衣室ではなくホールに洗面化粧台を置けば、気兼ねなく使えてしかもトイレの中に手洗い器を付けずに済みます。

トイレの手洗い器に迷ったら、ぜひホールに洗面化粧台を置くプランも検討してみてください。

 

掃除しやすいトイレをチェック

 

新しいトイレは便器のフチの折り返しがない製品も多く、折り返し内側を洗いにくく感じていた方にとって大きなポイントです。

 

さらにタンクレストイレはタンクがないぶん本体の凹凸が少なく、外側の拭き掃除がとてもしやすくなっています。

できるだけ手早く掃除を済ませたいという方には大きなメリットでしょう。

他にも流す水に洗剤を加え、流すたびに便器内を洗ってくれるトイレもあります。

 

掃除のしやすさは各社が最も力を入れている部分で、さまざまな工夫がされています。

トイレを選ぶときは、この掃除のしやすさに絞って比べてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

トイレは毎日使うものなので、使いやすく掃除もしやすいものにすれば、毎日その快適さを感じることができます。

目立たない存在かもしれませんが誰もが必ずお世話になるトイレは、

しっかり比べて選び住まいの満足度を大きくアップさせましょう。