リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

高気密高断熱の注文住宅のメリットとは?|サンクスホームがご紹介

「高気密高断熱の家って何がいいの?」

と、高気密高断熱の住宅のメリットについて気になっている方は多いのではないでしょうか。

高気密高断熱の意味はわかっても、そのことが実際に生活の上でどのように働いているのかはわかりにくいものです。

では、高気密高断熱の家には何のメリットがあるのでしょうか。

そこで今回は、「高気密高断熱のメリット」についてご紹介いたします。

 

省エネ

高気密であり、かつ高断熱であるということは、外気が室内に入り込まず、

室温が外気の影響を受けないということです。

そのため、冬場寒くて暖房を使うと、すぐに部屋を暖めることができます。

常に暖房を稼働させないといけないような家に比べると、エアコンの稼働頻度が少なくて済むため、省エネであるといえます。

光熱費を安く抑えられるため、お金の節約にも効果的です。

湿度管理

外気が室内に入り込みにくいということは、室内の空気の温度だけではなく、

湿度の維持にも効果的です。

一般的な住宅の場合、冬場に暖房をつけている部屋とつけていない部屋の間に温度差が生じてしまい、

寒い部屋の窓には結露がついてしまいますよね。

 

しかし、高気密高断熱住宅であると少ないエネルギーで家中を暖房で温められ、

温度差を少なくすることができるため、結露を抑制させることができるのです。

 

結露を抑制できると、室内の湿度を適度に保つことができ、カビやダニの繁殖の抑制も可能になります。

高気密高断熱ではない住宅の場合、湿度の管理が難しいため、

自然素材で作られた家具にしたい方や健康に気を使う方にとっては、高気密高断熱の家がおすすめであるといえます。

ヒートショックの心配が少ない

ヒートショックとは急激な温度差によって身体に起こる悪影響のことをいいます。

上述したように、高気密高断熱の家は少しエアコンを使うだけですぐに家中の室温を均一に保つことができます。

そのため、部屋の行き来の際に温度差を感じにくいため、ヒートショックも起こりにくいといえます。

 

心筋梗塞や脳梗塞などが起こると、死に繋がることもあるため、持病をお持ちの方は家の性能から見直すといいかもしれませんね。

 

 

以上、高気密高断熱のメリットについてご紹介しました。

高気密高断熱の家には、エアコンの稼働効率や湿度管理、

ヒートショックの抑止に効果的であることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

高気密高断熱とは、長く快適に住みやすくなる機能があるといえます。

注文住宅を建てるなら、サンクスホームにご相談ください。