リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

注文住宅と分譲住宅の違いとは?三重の注文住宅業者サンクスホームが解説します

「注文住宅と分譲住宅の違いって何?」

「注文住宅と分譲住宅のメリット・デメリットってなんだろう。」

「注文住宅と分譲住宅ではどちらが安いのだろう。」

 

お客様からよくこのようなお悩みをお聞きします。

注文住宅と分譲住宅について詳しく知っておきたいですよね。

そこで今回は、注文住宅と分譲住宅の違いについてご紹介いたします。

 

注文住宅とは?

注文住宅とは、簡単にいうとオーダーメイドで建築する住宅のことを指します。

外観、間取り、内装に至るまで様々なところを依頼主がオーダーできます。

オーダーにはフルオーダーとセミオーダーの2種類の方法があり、

フルオーダーは字の通り、全てを依頼者がオーダーすることができ、

セミオーダーは、ある程度の基本的な部分が決められていて、それ以外のところを依頼者が決めることが出来ます。

分譲住宅とは?

分譲住宅とは、まとまった住宅を分割して販売されているものを指します。

分譲住宅は、似たようなデザインで複数建てられています。

 

似たような名前で建売住宅というものがありますが、

建売住宅は既に建てられた物件を販売することを指します。

 

分譲住宅も既に建てられたものを販売している場合が多いため、分譲住宅と建売住宅はほとんど同じ意味で使われます。

注文住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリットは何と言っても間取りから外観まで自由に設計できることでしょう。

また、注文住宅であれば、建設現場も見ることができ、より一層マイホームに愛着が湧きます。

 

デメリットは、やはり分譲住宅と比べると値段が高くなってしまうことでしょう。

妥協点もいくつか検討し、セミオーダーで少し安く購入するのもいいかもしれません。

分譲住宅のメリット・デメリット

分譲住宅のメリットは注文住宅よりも安い点です。

また、プロが設計しているので、生活のしやすさや外観などは優れています。

デメリットとしては、既に建築済みのため、間取りや広さを変更することができない点です。

好みの住宅が見つかりさえすれば、リーズナブルな分譲住宅にデメリットはほとんどないといえるでしょう。

 

 

以上、注文住宅と分譲住宅のメリット・デメリットについてご紹介いたしました。

注文住宅と分譲住宅の違いについてイメージは掴めましたでしょうか?

注文住宅と分譲住宅、どちらがご自身に適しているのかを見極めましょう。