リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

発泡ウレタンフォームの特徴とは?三重の注文住宅業者が紹介します

今回この記事では、発泡ウレタンフォームの特徴を紹介します。

現在、発泡ウレタンフォームはその高い省エネ効果で需要が高まってきています。

ですので、ぜひともおすすめな断熱材です。

発泡ウレタンフォームがどのような特徴を兼ね備えているのかご紹介するので、参考にしてみてください。

 

発泡ウレタンフォームとは

発泡ウレタンとは、フロンガスなどの発泡剤を入れて作った充填式の断熱材のことです。

発泡状であるため、高い断熱性能の機能を兼ね備えた理想的な断熱材になっています。

簡単に言うと、発泡スチロールのようなイメージです。

まだ人気が高い断熱材ではありませんが、素晴らしい断熱材であることに、間違いありません。

もし、省エネ効果を高めた家を建てたいとお考えの場合、本当におすすめです。

 

気密性の高い発泡ウレタンフォーム

発泡ウレタンフォームには、1液タイプと2液タイプの2つの種類があります。

2つとも発泡剤が硬くなり、発泡スチロール状になります。

鉄骨や鉄筋コンクリートに付けることで、熱伝導率が高い鉄筋コンクリートや鉄構造において断熱効果を高めることができます。

 

1液タイプの発泡ウレタン

1液タイプは、専門的な知識がない方でも扱いやすいです。

1液性は一般的に、部分的に施工をしたい場所に使われています。

 

2液タイプの発泡ウレタン

2液性の発泡ウレタンフォームは、資格を持った職人でないと取り扱うことができません。

1液性よりは性能が高いとされているので、全体に発泡ウレタンの断熱材を使いたい場合は、2液性ウレタンフォームを使った方がいいかもしれません。

 

板状の発泡ウレタンフォーム

板状の発泡ウレタンフォームは、発泡スチロール状の断熱材です。

基礎や屋根などの断熱に使うのが一般的です。

 

発泡ウレタンの魅力

1.断熱性

グラスウールと比較すると、およそ2倍とも言われており、高い断熱性を誇っています。

また、隙間なく施工を行うことができるので、高気密の住宅を実現することが可能です。

 

2.熱伝導率が低い

熱を通しにくい素材ですので、省エネ効果を期待することができます。

また、熱伝導率が低いため、薄い厚さでも断熱効果を発揮することができます。

 

3.水分に強い

発泡ウレタンは水分に触れてしまっても、その効果が弱まることはありません。

 

まとめ

今回は、発泡ウレタンフォームの特徴を紹介しました。

注文住宅で建てる際に、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか?

その他の塗料の特徴、選び方などご不明な点がございましたら、お気軽に当社へご相談ください。