リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

平屋と2階建ての違いとは?サンクスホームが解説します

「平屋と2階建てはどっちがいい?」

と、家を建てるときにこの両者のどちらにしようか迷っている方は多いのではないでしょうか。

平屋と2階建ての両方にメリットはありますが、同時にデメリットもあります。

どちらにするべきかを決めるには、メリットとデメリットの両方を知り、ご自身に合った選択をするべきであるといえます。

そこで今回は、「平屋と2階建ての違い」についてご紹介いたします。

 

平屋:老後も安心

平屋とは、2階以上のフロアを持たない1階のみの住宅のことをいいます。

その住宅のメリットとは、やはり移動が簡単であることです。

2階建てであると、階段が必要になります。

若いうちは階段を使った2階への移動が苦になっていなくても、長年その家に住み歳を重ねていると、階段の上り下りが負担になるかもしれません。

平屋に住む場合はそういった心配がなく、1フロアで必要なものが揃います。

 

平屋:日当たりが悪いこともある

一方、平屋に住むことのデメリットとは、日当たりが悪いことです。

2階以上の場合、天窓や高窓を設けることができるため、日光を部屋の中に取り入れることは難しくありませんが、平屋の場合は、周辺の環境次第では光をうまく取りいれられないことがあります。

昼間から室内の電気を常時点けなければならない部屋がでてしまう可能性があります。

 

2階建て:吹き抜けを作れる

2階建てのメリットの1つは、吹き抜けが作れることです。

吹き抜けのある家に憧れのある方も多いですよね。

吹き抜けがあると、空間を広く見せることができ、日光を効率的に室内に取り入れられるというメリットもあります。おしゃれさを演出することもできるため、内装にこだわりたい方にとっては、2階建てで吹き抜けを採用するといいかもしれません。

 

2階建て:階段が必要

一方、デメリットとは、階段が必要になることです。

2階建てとは限られた敷地面積で床面積を増やすことができますが、フロア間の移動が面倒であるというデメリットがあります。

洗濯物をフロアの違う部屋に運ぶ作業を毎日することが負担になることは、容易に想像できますよね。

エレベーターを設置すると負担を軽減できますが、別途費用が必要になります。

 

 

 

以上、平屋と2階建ての違いについてご紹介いたしました。

平屋と2階建てのどちらにするか決めるには、現在の生活と将来の生活の両面から考える必要があります。

快適に過ごすために、後悔のない選択をしたいものですね。

注文住宅を建てることをお考えの方は、ぜひ一度サンクスホームにご相談ください。