リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

土地購入にかかる費用にはどんなものがあるの?

土地を購入する際には、土地の代金だけでなく、手数料や税金など、さまざまな費用がかかります。

これを想定しておかないと、支払いの時に慌てることになってしまいます。では、土地を購入する際にかかる諸費用とその目安はどのくらいになるのでしょうか。

土地代金~地域や広さなど諸要素で変わる~契約時に1割分の手付金を支払う

土地を購入する際に最も大きな割合を占めるのが、土地そのものの代金です。

消費税はかかりませんが、住まいを建てる土地ですから、かなりの出費となるでしょう。注意したいのは、その代金のうちおよそ10%を手付金として契約時に支払い、残りは決済時に支払うという点です。最初の10%は自己資金から支払う必要があるので、しっかり用意しておきましょう。

仲介手数料~仲介を行ってくれる業者に対して支払う~土地代金の3%+6万円+消費税

業者に対して支払う手数料です。こちらは契約時に50%を支払い、決済時に残りの50%を支払うのが通例で、原則として自己資金で支払うことになります。なお、売主の不動産会社から直接土地を購入する場合には仲介手数料はかかりません。

印紙税~売買契約には必須の税金~契約書に記載される金額によって変わる

土地に限らず、不動産の売買契約を交わす際は、その契約書に収入印紙を貼り、それによって印紙税を納めます。この印紙税は契約金額によって納める額が変わります。たとえば土地の代金が1000万円から5000万円以下なら印紙税は1万円、土地の代金が5000万円から1億円以下なら印紙税が3万円となります。

登録免許税~土地の所有権が移転する際の登記代~不動産評価額の1.5%および司法書士への報酬5万円前後

土地を購入するとその所有者が変わるので、その登記を行わないといけません。こうした所有権移転登記と、その登記を実際に行ってくれる司法書士への報酬を支払う必要があるのです。登録免許税は土地の    評価額の1.5%ほどであり、司法書士への報酬は3万円から5万円くらいが相場とされます。事前に確認しておくと慌てずに済みます。

土地購入に必要な諸費用の目安~土地代金に5%ほどの上乗せを考える~

上記のように土地を購入するとなると、代金だけでなくさまざまな費用がかかるものです。全体でいくら支払うかというのは購入する土地や業者などさまざまな要素で変わりますが、大まかな目安としては諸費用が土地代金の5%かかるとされます。つまり、2000万円の土地を買う際はその5%である100万円を上乗せし、2100万円かかると見ればいいのです。

まとめ

土地の購入にはまとまった資金を必要としますが、土地の代金だけでなくさまざまな費用も発生しますし、契約時にいくら支払い、決済時にいくら支払うといったタイミングもそれぞれ違います。必要なときに手持ちのお金がない、ということがないようしっかり資金計画を立てましょう。