住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

土地探しにはどんな方法があるの?

住まいを建てる土地は、なるべくいい土地を見つけたいですよね。しかし、多くの人にとって土地探しは初めての体験であり、まずどうやって探せばいいのかというところから悩みがちです。土地探しの準備と方法についてまとめました。

土地探しの準備をしよう

1:地域ごとの相場を調べておく

土地探しの基本は、地域ごとの相場を知るということです。現在ではインターネットで手軽に地域ごとの相場がわかりますし、特定の地域に特化した雑誌を見て調べることもできます。その地域の平均的な相場を知り、平均より高い人気のエリアや、安い土地が集まるエリアなどを調べておきます。

 

2:予算と突き合わせて計画を立てていく

どんなにいい土地を見つけても、予算をオーバーしていては意味がありません。まず自分の予算を決め、そのうえで希望する地域の相場と相談します。予算にあう土地の広さはどのくらいか、妥協できる条件はあるかなど、さまざまな要素を考え、具体的な計画を立てていきましょう。

土地探しの方法を知っておこう

1:大手仲介会社はカバーするエリアが広い

テレビCMや雑誌の広告で名が知られているような大手の不動産会社は、扱う物件数が多く、全国の幅広い地域を網羅しています。ただ顧客は土地の売主が多い傾向にあり、担当者の対応が淡泊になってしまうなど、大手ゆえの注意点もあります。

 

2:地場系の中小仲介会社は特定の地域に強い

地域密着で活動する中小の不動産会社は、扱う物件数や活動エリアなどで大手にはかないません。しかし、特定の地域で有力な情報を持ち、場合によっては掘り出し物の土地を持っていることもあります。希望する地域でこうした業者と知りあっておくことも必要です。 

 

3:情報系の中小仲介会社は独自の強みを持つ

不動産会社のなかには、ホームページを主な窓口とし、売主と買主の仲介で得られる手数料を収入源とするところがあります。こうした業者は独自に仲介手数料を割り引く、土地の調査を実施するなど、ほかの業者にない強みを持っています。自分に合う特徴を持つ業者が見つかれば、大きなメリットとなります。

 

4:分譲会社は希少な優良物件を有することがある

自ら土地を仕入れて建売住宅を販売する分譲会社は、土地のみを売ることはあまり多くありません。しかし、条件しだいでは仕入れた土地を整形し販売することがあり、そうした土地は通常の不動産会社では得られない掘り出し物であることも多いのです。

まとめ

いい土地を探すには、さまざまなところから情報を集めることが重要です。それと同時に、自分が出せる予算や妥協できない条件などもきちんと決めておくことが大切でしょう。その上で自分の探す土地にあう不動産会社を選ぶことができれば、いい土地と出会える可能性はかなりアップします。三重県で土地をお探しなら、当社へお気軽にご相談ください