あなたの理想の家は

「大人夫婦の安心の平屋」

「今のモダンなお家も良いけれど、ゆったり落ち着ける和造りのお家も気になる!」、「夫婦2人暮らし、あるいは夫婦と子ども1人の3人家族が住めるくらいの住みやすさ重視のお家が良い。」といった要望を叶えたプランがこちら。和室には床の間を設え、“和”の印象を強くして、日本古来のイメージに。将来の老後まで、階段を必要とせず全ての部屋が苦にならずに使えるのがメリットの“平屋”という住まい。2つが一体となった“和造り平屋”という住まい感、いかがですか?

A夫婦に優しい動線

夫婦2人暮らし、あるいはお子様1人を含めた3人家族までを想定した間取りです。ムダな廊下を省きながらも使用頻度の高い便利な動線(ぐるり動線・トイレ手洗い動線・見守り動線・だたいま手洗い動線)ははっきり取る事で、住みやすさにつなげています。

B人を招くゆとり空間

LDKと和室が続き間になっているので、和室の仕切り戸を開くと、奥行きのあるゆとりある空間が生まれます。家族、親戚、お友達など大勢を招く事ができます。

C床の間

6帖の和室スペースには、花や飾り物、掛け軸などを飾るスペースとして便利な床の間を作りました。普段は使用用途の少ない和室ですが、開放してしまえば、子供の遊びスペースとして活用でき、その様子をLDKから見守る事ができます。

D大容量の納戸

大容量の納戸は、各室で足りない収納力を補填します。季節者家電や、飾り物等をしまうにも便利です。各室の収納もきちんとあるので、常にキレイな空間を保て、生活しやすい環境を作ります。