リフォーム相談
tel.059-234-1122

住宅購入・暮らしについてのお役立ちコラム

三重で注文住宅を建てるなら必見!図面の項目の意味とチェックポイント

ややこしい家の設計のことってついつい専門家に任せてしまいがちですよね。

しかし、思わぬミスや過失を防ぐためには、自分でもしっかりチェックすることが大切です。

今回は、設計図の図面の項目の意味と、理想の家のために必要なチェックポイントについてご紹介します。

概要書

氏名・住所・建築場所など基本的なことが書いています。

仕上げ表・仕様書

施工方法や材料が記されています。

自分が希望したものと同じであるかチェックしましょう。

加えて材料が変わると料金が変わってしまうかもしれません。

平面図

一般的に間取りの図面と聞いてイメージされるものが平面図ではないでしょうか。

各部屋の位置・動線を確認しましょう。

立・断面図

建物の外観が書かれた図面です。

家全体のデザインをチェックすることができます。

展開図

必要な部分の詳細な図面です。

天井高や材質が詳しく書かれています。

デザイン、材質などを確認しておきましょう。

配置図

敷地内のどの位置に建物が建てられるのかを示します。

部屋の位置関係と日当たり、道路や近所とどのくらい近いかがチェックポイントです。

矩計図

家を縦に切断した断面の図です。

天井の高さや、空間の構成を見ることができます。

断熱材の入る位置、その厚さも確認する必要があります。

建具図

ドアや窓に使われている建具を知ることができます。

雨戸やブラインドなど、自分が希望したものがついているかの確認が必要です。

基礎伏図

家の骨組みの基礎を上から見た図です。

全体の位置に加え、アンカーボルトの入る位置と間隔についても確認の必要があります。

設備図

冷暖房や水道、ガスなどの配線・配管図です。

コンセントの数もここに記されており、特に生活に密接にかかわるので見ておく必要があります。

詳細図

平面図では表現しきれない細かな部分まで記した図です。

業者によっては、詳細図はないこともありますが、あった方がリフォームの際に便利です。

 

まとめ

家は一生ものの買い物であるため、施工会社側も入念に確認します。

だからこんなにも多くの項目が記載されています。

細かく全てを見ていくのは難しいかもしれませんが、住み良い家のためには不可欠なものばかりなので、ぜひ一度見てみてくださいね。

その他ご不明な点がございましたら、当社までご相談ください。