リフォーム相談
tel.059-234-1122

スタッフブログ

桃の節句


こんにちは!

四日市支店の鈴木です。

昨日
3月3日は『ひなまつり』でしたが、皆様のご家庭ではどう過ごされましたでしょうか?

ひなまつりと聞くと“女の子の成長を祈る日”というイメージが強く、女の子のお子様がいらっしゃるご家庭ではお祝いをされているかと思います。

また同じ3月3日は『桃の節句』とも呼ばれて春の訪れを感じ喜ぶ日でもありますが、実は桃には不老長寿の願いが込められていたり、邪気を払う力があるともいわれているようです・・・。



            





私の家でも毎年のように雛人形が飾られています♪

子供のころは和室の床の間に大きなひな壇で飾られその華やかさにうっとりしていた記憶がありますが、いつしかそのひな壇が見られなくなり内裏雛のみ玄関の棚に飾られるようになりました。

ところがつい先日和室をのぞいてみると中央に段の数は減りましたが、内裏雛・三人官女・五人囃子が飾られていました。
祝い事の日にはさりげなくでもきちんとお祝いしてくれる家族に感謝します。




今の家庭では和室を設けないお家も増えてきていますが、「ご両親からの贈り物で、大きなもの(雛飾りや五月人形等)があるんです。」ということで設計士との間取り打ち合わせの時に季節ものをどこに飾ろうか、もしくはどこに片付けようか悩まれる方も多いです。「

WIC・納戸・階段下・屋根裏・・・とその場所はご家庭によって様々です。

大きさにもよりますが、そういった1年に1回の季節ものをどこに片付けるかということも考えて収納スペースをただ増やすだけではなく、必要な場所に必要な量のものを考えて家づくりを進めることも必要かなと感じました。

ただ、一生に一度あるかないかの大きなお買い物ですのでイメージも難しいかと思います。
その際はお気軽にご相談ください。



ご家族の生活をイメージして、おうちづくりがもっと楽しくなりますように。。。




***************************************************


※コロナウイルスが流行しています※

皆様デマなどの間違った内容のものには惑わされず、正しい情報をしっかりと聞いてくださいね。