リフォーム相談
tel.059-234-1122

スタッフブログ

情報発信『南海トラフについて』


『Wikipedia』より引用



皆さんこんにちは。

サンクスホーム名古屋店の南金山です。



さて本日は東日本大震災の後

非常に注目を浴びた話題

南海トラフについて

出来るだけ完結に

ご説明をしていきたいと思います。



まず初めに。。。



日本にはいくつもの岩盤と岩盤が

重なりあっている場所が存在します。

その重なる部分が地震の原因となっています。




『熊本防災』より引用



海のプレートが中心部に潜っていくのに対し

巻き込まれた地上のプレートがストレスを感じ

反発したときに起こる振動



それが地震です。



ストレス社会は地盤から始まっています。

(ざっくりな話です)



日本は多くの断層上に存在している訳ですが

特に今注目されているのが

太平洋側の5つの断層



四国から少し南

海底にある水深4000mの深い溝




『Wikipedia』より引用



これが南海トラフです。



ではこの5つがなぜ

注目を浴びているかと言うと



➀過去に何度もストレスを溜めては反発している



➁反発による日本への影響が非常に大きい



からなんです。

常習犯という訳です。



➀についてざっと説明します。



Nankai-Tonankai-Tokai earthquake history.png
By Pekachu - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 3.0, Link

『wikipedia』より引用



過去を振り返ると南海トラフは

約100年から200年ごとに

ストレスを爆発させてます。



直近では1946年に南海地震(A、B)



同じく1944年の東南海地震(C、D)



しかし東海に位置する駿河湾付近だけは(E)



実は1854年以降ストレスを溜め続けている!?



ということなんです。。。



しかも、このEのストレスが爆発すると

付近のA/B/C/Dにも影響を与えて

それぞれ大きな反発をする可能性がある



という恐ろしい予測が立っています。



➁についてざっと説明します。




『Wikipedia』より引用



この南海トラフは範囲が非常に広域

マグニチュード8クラスの巨大地震を連発

そのたびに、

死者が千名以上に上る大きな被害が

日本で起きていたんです。。。



これらのことから

1970年以降地震への対策が見直され

大きな地震が来るたびに

ルールを見直してきたという訳です。



これが建築基準法の改定

(もちろん見直されるのは地震対策だけではない)


ちなみにこの地震、

未だいつ来るかはわかりません。



2018年1月1日時点で

マグニチュード8-9の巨大地震が

30年内に70%~80%の確率で発生する

とも言われています。。。



なによりも大切なのは



いつ来るかではなく、いつか来るということ。



事実を受け止め、

いつかくることを頭にいれながら

対策を取っておくことが大切ですね。




『内閣府防災』HPより引用

↓↓自宅の地震対策と必要知識↓↓
地震対策とIS値について
耐震住宅の基準

↓↓お問い合わせ↓↓
問い合わせ&メールフォーム

↓↓その他建売情報↓↓
名古屋版 建売一覧

↓↓担当者紹介↓↓
サンクスホーム スタッフ紹介

↓↓インスタグラム↓↓
instagram