スタッフブログ

昭和元年建設の古民家大幅レトロ改修工事

こんにちわ。リフォーム顧客管理課の奥野です。

大幅改修。大屋根と庭側の下屋を瓦から瓦土、杉皮、まで

全て撤去して野地板を再度施工して瓦棒にやり変えます。

重量を大幅に軽減して耐震化に向けて進めています。

大屋根だけでも、100㎡以上。下屋は蔵前まで続く全長

17m、50㎡以上。工事を始めた時期に季節はずれの台風が

2週間も続きようやく今週板金工事に入れました。

内部は2期工事に分けて解体工事、土間打ちと進めています。

破って見ないと解らない部分は沢山あります。年内どこまで

進められるか楽しみです。